​慶應義塾大学2021 解答・解説

​このページは、慶應義塾大学の解答速報・過去問・作問方法・各学部の傾向と対策を扱っています。

NEW!

慶應義塾大学世界史の特徴

各学部で問題が全然違う。

例えば、慶應経済は論述祭りなのに、慶文は穴埋め作業だけだったりする。

故に、各学部の過去問対策が有効である。

連続受験による優位性は全く無い。

 
 

法学部 傾向と対策

​(世界史)

​あとで書きます。

 

慶應義塾大学法学部(世界史)

​2021/2/16(火)

論述:

地図問題:

書き取り:

大問Ⅰ

大問Ⅱ

大問Ⅲ

大問Ⅳ

慶應義塾大学法学部(世界史)

​2020/2/16(日)

論述:

なし

地図問題:

なし。

しかし、地理を問う問題はあり。

書き取り:

なし

穴埋めが語群選択が多い。

慶応は、アイウエオ順。

2020慶法の難度は鬼畜。

7割できれば、上等。

大問Ⅰ

インド・イラン史

ワズィール(大臣)やハルジー朝を聞いている。

​難しい。

宗教の特徴を聞くのは良い問題だと思うが、

事務処理が大変。

大問Ⅱ

アメリカ大陸史。

ガルシア=マルケスの『百年の孤独』は

用語集に載っていない。

正誤問題。

アストロラーベ、ラスカサス、

アメリカ独立戦争、

ホセ=リサール

反共軍事同盟の順番(良問)

戦後米国大統領(良問)

NAFTAの形成過程は、用語集不掲載

大問Ⅲ

ネットワーク史。

特に東南アジア史。

パーンディヤ朝とパッラヴァ朝を

タイミングだけで聞いている。

まさしく、鬼畜の所業。

ピューとドヴァーラヴァティーの出題は

ぎりぎり許せるが、

サーフィン文化を用語集不掲載。

ジャーヴァカも不掲載。

シャーバンダルも不掲載。

このような出題をする慶法に

進学する価値はあるのか?

大問Ⅳ

中国の近現代史。

直隷派と安徽派が少し難しい。

団練も、少し難しい。

それ以外は基本。

​たかだか、個人塾の分際で、

あえて、以下を述べさせて頂きます。

今回の慶法の出題は、

大いに支障があると思います。

教科書以外から出すのは、

​受験生をあまりにも馬鹿にしています。

また、このような出題では、

点差は開きません。

​ボーダーに多数の生徒が集まり

選抜の観点からもよくありません。

このような作問者がいる慶法に、

自身は塾生を送る気はありません。

 
 

文学部 傾向と対策

​(世界史)

ひたすら穴埋め。

長文の穴に、書き取りしていく。

一問一答もある。

用語集に載ってないものも出題されるが、無視して良い。

誰も解けない。

長文の質の差が激しい。

2020年のチョコレートの文章等、興味深く上手な文章もあるが、

受験のために仕方なく書いたやる気のない、全く価値のない文章もある。

​(2021年の中央アジアの文章はひどい)

​世界史の入試問題だけ見るならば、慶文より、早稲田の文や文構に進学するのがよいと思う。

 

早大文・文構と違い、慶文はセクション単位で出る。

つまり、慶文は「得意な範囲だけ、出た!」ということがある。

これも、ちゃんと選抜しようという気持ちは見られない。

「慶応は学生を大事にする」と聞いているが、

慶文の入試問題からは感じられない。

だらだらと作られた文章は、受験生から、集中力を奪う。

そのため、文章全体を読むのではなく、

​穴前後を読む事で、集中力を維持せよ。

 

慶應義塾大学文学部(世界史)

​2021/2/15(月)

論述:

2020も、2021もなし

地図問題:

2020も、2021もなし

書き取り:

2020も、2021

長文の穴に、書き取りを入れて行くスタイル。

一問一答もある。

2020も、2021

正誤問題は全くなく、

受験生に論理的思考力を試さない。

大問Ⅰ

道の話。

文章も面白く、出題の範囲も広い。

この作問者の講義を受けたい。

2020と同じく、穴埋めと一問一答。

大問Ⅱ

近代の朝鮮・中国史。

2020と同じく、穴埋めと一問一答。

大問Ⅲ

イスラム史。

サファヴィー朝を軸に文章を書いているが、何を言いたいのか、全く分からない。

この程度の文章力で、慶応文学部教授なのか?

大問Ⅰとの落差があまりにも激しい。

キジルバッシュは山川用語集に載ってない。

2020と同じく、穴埋めのみ。

大問Ⅳ

航海と殺戮。

広い範囲から出題。

2020と同じく、穴埋めのみ。

 

慶應義塾大学文学部(世界史)

​2020/2/15(土)

論述:

なし

地図問題:

なし

 

書き取り:

長文の穴に、書き取りを入れて行くスタイル。

一問一答もある。

正誤問題は全くなく、

受験生に論理的思考力を試さない。

大問Ⅰ

戦争の話。

穴埋めと一問一答。

大問Ⅱ

主にイスラム・アフリカ。

穴埋めと一問一答。

大問Ⅲ

中国史。

宋~明末。

穴埋めのみ。

大問Ⅳ

ユダヤ史。

穴埋めのみ。

 

商学部 傾向と対策

​(世界史)

あとで書きます。

 

慶應義塾大学商学部(世界史)

​2021/2/14(日)

分の試験時間。

論述:

地図問題:

書き取り:

大問Ⅰ

大問Ⅱ

大問Ⅲ

慶應義塾大学商学部(世界史)

​2020/2/14(金)

60分の試験時間。

穴埋めは平易だが、

アイウエオ順とは記号を探すのが大変。

短論述が多い。

時間配分をしっかり!

論述:

短論述

王位継承権主張の理由・・1行?

重金主義とは・・20字

イギリスの産業革命が速い理由・・30字

産油国の力が弱い・・・20字

石油戦略は何か・・・20字

イラン・イラク戦争勃発理由・・1行?

地図問題:

なし

書き取り:

少しあり。

放伐・禅譲など漢字の練習必要 

大問Ⅰ

継承の歴史

今年の作問者はユニークなので、

もしかして、慶商とかけているのか・・・

穴埋めは要満点

少ない書き取りも、比較的簡単。

王位継承問題の小論述が少し難しいかも

大問Ⅱ

試験日2/14にちなんで

チョコレートの歴史。

コロンブスがサトウキビの苗を

新大陸に持ち込んだのは難しい。

G20の構成国を聞くなど、時事ネタ。

大問Ⅲ

アメリカ経済史や現代史。

気候変動枠組み条約は難しいかも

 
 

経済学部 傾向と対策

​(世界史)

試験時間が80分だが、全然足りない。

 

とてつもない量の論述が出される。

論述は字数ではなく、行数の指定。

世史受験からしかわからないが、論述問題が多いため、国立受験との併願しやすい。

並び替え問題・資料問題が特に多い。

グラフ問題も頻出。

​2021年の作問は、東京書籍を参考にしていると推測。

【演習】 慶応経済2006世界史 並べ替え・正誤問題 ~ 入試問題まるごと解説_但し、大問1のみ

【論述】 慶応経済世界史2006 ~ 論述部分を解説_国連部分のみ

慶應義塾大学経済学部(世界史)

​2021/2/13(土)

試験時間:80分

 

 

論述:

遷界令 2行

露清間国境画定条約 3行

ロシア社会主義の諸党派 3行

大韓帝国の意味 3行

太陽の沈まぬ国 2行

奴隷投入の経緯 2行

アカプルコ貿易 2行

書籍制作が容易に 1行

英国宗教改革 2行

国民公会と七月王政の選挙制度 1行

地図問題:

あり。難しい。​

ティルジットやアミアンの位置は難解。

資料問題:

資料問題と並び替え問題が混ざっている。​

読み込みに相当な時間がかかる。

書き取り:

ほんのりある。

大問Ⅰ

​東アジア史

日本史のとの絡みが多い。

​沖縄県設置と壬午軍乱と因果関係とか、ゆげは分からん。

大問Ⅱ

​大航海時代・絶対王政

問い10(2)で、時代順に並べて、泣いた奴がいると推測

大問Ⅲ

問14が典型例であるが、

いきなり資料ではなく、まずは問題から読んだ方がよい。

​問16のアミアンとティルジットの場所を聞くのは、かなり難度が高い。

 

慶應義塾大学経済学部(世界史)

​2020/2/13(木)

試験時間:

80分~長いね。

けど、論述問題や並べ替え問題が多く

時間は余らない。

論述:

合計、約630字

とても多い。

約60字・・・対抗宗教改革

約90字・・・『崇禎暦書』と『幾何原本』

約90字・・・典礼

約90字・・・ポルトガルの中継貿易

約60字・・・モノカルチュア経済

約90字・・・大陸封鎖令

約60字・・・三圃制から四圃制

約90字・・・冷戦終結の経緯

解答用紙の枠(一行あたり、0.8cm×17cm)に

収まればよい。

 

だいたい、1行あたり、

30文字程度だろうと言われる。

 

マス目がないため、

シャープペンで小さく書けば、多く書ける。

 

地図問題:

キューバ・ジャマイカ・イスパニョーラ

スターリングラード・テヘラン

ヤルタ・ポツダム

資料問題:

​毎年ある

書き取り:

少ない。

メインは並べ替えと正誤。 

大問Ⅰ

大交易時代・絶対王政

ポルトガルの拠点を4つ

フェリペ2世在位期間中のイベントを三つ

大問Ⅱ

選帝侯ベーメン王

『四人の使徒』

グージュの処刑タイミングは難しい。

ウィルバーフォース

​四圃制の作物

大問Ⅲ

戦間期の独仏の平易な問題

戦間期の参政権拡大

1919~1929までのイベント全て抽出

一次大戦の講和条約。平易。

二次大戦の地図。平易。

資料問題.バルト海とアドリア海は平易。

鉄のカーテン・西独のNATO加盟・オーデル=ナイセを並べ替える。勝敗の分かれ目

EUの形成過程

 

​以上が、慶応大学・​​慶商・慶法・慶文・慶経の解答速報・過去問です。慶応=慶應大学。

Copyright (C) 2021 YUGEJUKU. All Rights Reserved.

​特定商取引法に基づく表記はこちら

  • Twitter
  • YouTube