明治大学国際日本学部 今井里菜(いまい りな)

<高校名>

聖心女子学院高等科・現役


<合格校一覧>

  • 明治大学国際日本学部(進学)

  • 青山学院大学法学部

  • 聖心女子大学現代教養学部

<不合格校>

早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科

早稲田大学商学部

早稲田大学社会科学部

早稲田大学文化構想学部

慶応義塾大学経済学部(B方式)

上智大学法学部国際関係法学科

立教大学経営学部国際経営学科(全グロ)

立教大学法学部

立教大学社会学部



ゆげ先生の授業は本当にわかりやすく、授業後にはそのセクションの流れがすっきり頭の中で整理されます。消化したカリキュラムが多くなればなるほど、知識が繋がっていくのが楽しかったです。

・センター点数

英語筆記 185点

英語リスニング 46点

世界史 88点

国語 134点 

世界史で9割も取れなかったのが本当に心残りです。

国語は大失敗をしてしまいました。直前期に解いた過去問では、現代文で満点か1ミスをさまよっているような状態が続いていましたが、本番ではまさかの25点を取ってしまいました。

センターは1月にあり、ほとんどの人にとって最初の受験となります。私自身、受験の序盤でこのような点数を叩き出してしまい、正直とても落ちこみました。でもたとえセンターで失敗しても、私大志望ならばセンター利用で不利になるだけなので、もっと早く私大に向けて気持ちを切り替えるべきだったと思います。メンタル本当に大事です!!!

その点で、もしセンター利用が取れたとしたら相当気持ちに余裕を持った状態で私大の試験に臨めると思います。

大学によっては、英検準1級を取得していればセンター英語の点数を95%換算にしてもらえる学部などもあるので、早い段階で調べておく事をおすすめします!



報告会で、シルバニアファミリーを馬鹿にした後輩に、拳をお見舞いした後の今井


・資格

英検準1級

TEAP(Reading 70 Listening 72 Writing 79 Speaking 79)

・部活、委員会

ダンス部

保健委員会

・高校での成績

高2くらいからは、学校の勉強には本腰を入れていませんでした。英語系の授業のクラス分けで全て1番上のクラスを維持することだけは頑張りましたが、受験に全く関係ない授業などは平均くらいだと思います。

・模試の成績

私は、模試の結果を全く気にしていなかったので、紛失してしまいました。申し訳ないです。

初期の頃は上智外英でCを取ったこともありましたが、どんどん周りに追い越されてしまいました。早稲田は常にEでした。聖心はずっとAだったのでその文字を見て毎回安心感を得ていました笑

立教の法でAが出たこともありましたが実際は落ちてしまったので、本当に模試の結果はあくまでも指針です。気にしない方が良いです!落ちこんでいる時間がもったいない!間違えたところを見直すだけで十分だと思います。


敵兵に対して、宮本(青学・国際政経)を盾にする今井

・敗因

ずっと早稲田志望でしたが、全落ちしてしまいました。実力不足です。

敗因としては、1番得意としていた英語で、長文の内容がいきなり頭に入ってこなくなって読めなくなってしまった時が度々あった事だと思います。早稲田最終日の社学の英語は特にひどかったです。

また、英語は得意でも文法が本当に弱く、ニュアンスで解き続け、苦手を払拭しきれなかったのも大きかったと思います。単語や熟語、文法など知識系の物はいち早く完璧に頭に入れておくべきだったと思います。

早稲田の過去問は全教科10年分以上解きました。でも、演習と本番は本当に大違いです。いつもは30分くらい時間が余っているのに、本番では、はじめの方で慎重に解きすぎて時間が全然余らない!!!どうしよう!!なんてことも何回もありました。本番の精神状態でもしっかり自分の実力以上の力を発揮できるだけの力を身につけておく必要性を痛感しました。あれだけ沢山過去問演習した早稲田は全落ちで、皮肉にも1,2回解いたことがあるかないかの所に合格という結果になったので、本当に本当に悔しさしかないです。

メンタル面も大きかったと思います。センター直前になると不安でいっぱいになり、全身が重くなる症状に悩まされました笑 不安を感じないほどの実力を身につけることはもちろんですが、心配をしていても何も変わらないのでひたすら勉強するのが1番です。

・ゆげ塾の活用法

高2の12月に入塾し、週2のペースで通っていました。入塾したての頃は周りの凄さに圧倒されるばかりでしたが、良い刺激を受けることができました。9月にカリ完し、カリ完後も年内まではほぼ毎週リピしていました。ゆげ先生の授業は本当にわかりやすく、授業後にはそのセクションの流れがすっきり頭の中で整理されます。消化したカリキュラムが多くなればなるほど、知識が繋がっていくのが楽しかったです。先生が何気なくおっしゃった一言が問題を解くときに役立ったりするので、聞き逃さないようテキストに沢山メモを取るのをおすすめします。

演習も出ることをおすすめします。演習は皆で一斉に過去問を解き、その場で答え合わせをします。みんなの前で当てられ、最後に得点率も出すので出席するのには少し勇気がいります。ですが、自分が今弱い範囲が明確になるので、是非出席すると良いと思います。

私は、ゆげ塾の自習室には本当にお世話になりました。(自習室のシステムは今後変更する可能性があります。)早朝から使用可能なので、学校が無い日は毎日5時台にゆげに着いてカギを開けるのがルーティーンみたいになっていました笑 この自習室のおかげで自分の生活のペースを乱すことなく過ごせました。

・他塾の活用法

ウィニング英語塾は高田馬場の老舗英語塾

【英語】ウイニング英語(加藤先生)

諸事情で昔からずっと通っていた所をやめ、高3になってから塾を転々として探さなければいけない状況になってしまいました。塾はできるだけ早めにきちんと自分にあったところを見つけておくべきだったと思います。高3の春にウイニングに入りました。好き嫌いが人によってはっきり分かれる塾です。ゆげ以上に特殊です笑 あまり自分には合わなかったので、英語はほぼ自分でやっていました。文法を詳しく解説するのが主で、長文は少ししかやらないです。モチベーションを上げるために先生のお話を聞きに行っていました。年越し合宿は行って良かったと思います。1日約18時間勉強!移動も時間を惜しんで走る!お風呂も入れない!というシビアな内容でしたが、精神的に鍛えられました。

【国語】駿台

高1の頃から現代文は今井先生の授業を取っていました。明るくはきはきとした先生で、雑談も面白く授業もわかりやすかったです。

・学校の活用法

聖心はそのまま進学する生徒が大半なので、受験生にはとてつもなく厳しい環境でした。学校は大好きなのに、受験と学校の完全両立は厳しかったので色々と捨てざるをえなかったのが悲しかったです。毎日6時間授業だったので午前授業の友達が羨ましく、今のんびり調理実習している間にもみんなは勉強していると思うといつも焦っていました。

サポートもほぼ無いと言っても過言ではないです。自分から積極的に情報を集めにいかないかぎり、ほとんど情報は提供してもらえませんでした。また、私は履修の関係で高3時に世界史を取れず、日本史を選択することになってしまいました。その他にも受験に全く関係ない教科ばかりで本当に辛かったです。夏休みには初等科と同じくらいの量の宿題が出され、日本史の課題では遺跡巡りのお散歩のレポートが課されたり、家庭科の課題では料理を作ったりしました。レポートが大量でした。受験生とは思えない!笑

秋くらいにはメンタルがズタボロでした。学校に行くのが嫌で嫌で仕方がなかったです。周りが知らないうちにカトリック推薦やAO推薦で進路が決まっていて、どんどん一般受験が少数派になっていきました。私のクラスは一般受験が一番少なく、気持ちを分かち合える友達も少なかったので他のクラスに行って泣いたこともしばしばありました笑 お弁当の時間もみんなが賑やかに話している教室の隅で勉強していました。

推薦などで進路が決まった子たちが、受験生の前にもかかわらず遊びに行く予定の話や無神経な話ばかりしていて本当にストレスでした。初めはそのような発言を気にしすぎていましたが、このままでは心が持たないと思ってスルーするように心がけたらあまり気にならなくなりました。気にしても自分が不利になるだけなので、早めにスルースキルを身につけて切り替えることが大事だと思います笑 受験の心細さや不安をわかり合えるゆげ生の存在は本当に心強かったです。

・おすすめ参考書

(英語)

・「出る順パス単 準一級」

単語はこの本と、過去問で出てきてわからなかったものを自分で単語帳にして覚えていました。

・「全解説頻出英文法・語法問題1000」

これをメインで何周も回していました。

・「頻出英語整除問題850」

整除問題はやっていて楽しかったので、毎日ちょっとずつ息抜きにやっていました。

・「解体英熟語」

直前になって熟語を固めたいと思い立って買いました。分量は多いですが難易度の高い部分だけでもさらっとやるだけで効果はありました。

・「英文法 標準問題精講」

文法が苦手だったので英頻と併用していました。

(国語)

・「頻度順漢字2300plus」

学校で配られたものです。漢字は学校で鍛えられたていたので得点源になりました。たった1点だとしても落としたらもったいないので漢字もやっておくべきだと思います。

・「古文単語330」

見やすいので古文単語はこれがおすすめです。

(世界史)

ゆげのテキストと資料集メインで勉強していました。資料集は細かいところも隅々まで見ておくのがおすすめです。コラムなどの予備知識も問題を解く上で助けになる事が度々ありました。ゆげの一問一答のアプリも電車などのちょっとした時間に復習するのに役立ちました。

・「実力をつける世界史100題」

ゆげの先輩におすすめしてもらいました。

マイナーなタームも多く難易度も高いですが、力がつきます!

・最後に

このような結果となりましたが、自分の中では大きく成長できた1年になったと思います。聖心の温室のような環境から初めて一歩外に踏み出して挑戦した甲斐がありました。今後どうなるかは自分次第だと思っているのでこの経験を糧に精一杯頑張りたいと思います!!!!

毎日の送り迎えをはじめとして沢山支えてくれた両親、ゆげ先生とチューターの方々、11期のみんな、今まで本当にありがとうございました。

この体験記が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

みんな頑張れ!!



Last Updated:2020.12.01

© 2023 トレイン・オブ・ソート Wix.comを使って作成されました